不妊の原因不妊症について

不妊の原因は様々です。決して女性側だけの問題ではなく、男性側にもほぼ半分の割合で存在します。

女性側の原因

排卵因子

月経不順の方に排卵障害の可能性が高い。

  1. 高プロラクチン血症
  2. 多嚢胞性卵胞症候群
  3. 精神的ストレス
  4. 短期間の大幅なダイエット
  5. 早発閉経  など

卵管因子

卵管の閉塞や癒着などで精子・卵子の通り道を遮断。

  1. 性卵管炎クラミジア
  2. 過去の外科的手術による癒着
  3. 子宮内膜症  など

子宮因子

子宮の内側へ隆起する筋腫などが、受精卵の内膜への着床を困難にしたり、精子が卵子へ到達するのを妨げている。

  1. 子宮筋腫(特に粘膜下筋腫)
  2. 子宮内膜ポリープ
  3. 先天的な子宮奇形
  4. 子宮内膜癒着症(アッシャーマン症候群)  など

頸管因子

排卵期の透明で粘調な帯下が少なくなり精子が子宮内へ貫通しにくくなる(頸管粘液分泌不全)。

免疫因子

免疫異常で精子を障害する精子抗体、精子の運動を止めてしまう精子不動化抗体が頸管粘液内や卵管内に分泌される。

男性側の原因

性機能障害

有効な勃起が起こらず性行為がうまくいかない。

  1. 勃起障害(ED)
  2. 膣内射精障害
  3. 動脈硬化
  4. 糖尿病  など

造精機能障害

軽度〜中等度の精液性状低下。

  1. 精子数の減少
  2. 精子運動率低下
  3. 奇形率の上昇  など

高度の精液性状低下、無精子症

精液中の精子の数が通常の1/100以下、あるいは運動性が20-30%以下などの場合。

  1. 造精機能障害
  2. 造精機能を司るホルモン分泌低下
  3. 耳下腺炎性精巣炎
  4. 閉塞性無精子症
  5. 非閉塞性無精子症

原因不明の不妊

原因不明

検査では見つからない原因によるもの。

  1. 何らかの原因で精子と卵子が体内で受精しない場合
  2. 加齢などにより精子、卵子そのものの妊孕性(赤ちゃんを作る力)が低下している場合

お問い合わせ先
当院に受診をお考えの方は子宝相談からお問い合わせいただけます。
再診の方はお電話よりお問い合わせください。

当院に受診をお考えの方は子宝相談よりご連絡ください。

子宝相談

お電話は診療時間内にお電話ください。

小田原レディスクリニック
0465-35-1103

事前申込受付中婦人科疾患
及び
不妊治療
勉強会