子宮内膜を活性化するPRP療法治療について

当院は2020年12月に厚生労働省「再生医療等委員会」より施設認定されました。

PRP療法(Platelet Rich Plasma・多血小板血漿)について

PRP療法とは、患者様自身の血液から抽出した高濃度の血小板を子宮内に注入する方法です。血小板は細胞の成長を促す物質や免疫に関する物質を含むため、PRP療法により子宮内膜の環境が改善され、受精卵が着床しやすくなると考えられています。

【対象】
凍結融解胚移植周期

当院に通院中の患者様に限ります。(新鮮胚移植は適用外となります)

【方法】
治療は1周期・原則2回投与

患者様の前腕から静脈血を20ml採取し、遠心分離機で血漿部分を抽出します。 調製したPRP(約1ml)を患者様の子宮内に注入します。採取したPRPが固まるなど分離後の症状が子宮内注入に不適切と判断した場合、「再度採血」または「投与中止」となることがあります。通常採血から注入まで約60分程度となります。注入当日の安静は不要です。

【治療】
PRP療法を希望される場合は、必ず事前に医師までお知らせください

事前に同意書の記入が必要となります。投与日の目安としては、1回目は月経10日目頃、2回目は月経12日目頃となりますが、具体的な投与日の決定は医師より改めてご説明させていただきます。

【その他】
診療情報の二次利用について

当院は厚生労働省「再生医療等委員会」の登録施設のため、毎年治療報告義務があります。

また、治療法の効果の調査研究及び医学の発展のため、臨床経過・各種検査結果などこれに付随する情報について個人が特定されない範囲内で、各種学会、研究会、学会誌、商業誌などに口頭、ポスター、論文、ビデオなどの形式で発表することがあります。プライバシーの保護に関しては十分配慮いたします。

もう一つのPRP療法
PFC-FD療法について

2020年末より導入し成果を上げていますPRP(多血小板血漿)に含まれている様々な成長因子(細胞を刺激し活性化させる因子)をフリーズドライ化したものがPFC-FDです。フリーズドライ化することで成長因子が濃縮されるため、有効性がより高くなると示唆されています。

その、PFC-FDを卵胞が発育している時期に、体外受精の採卵技術を応用して卵巣の表面に直接注入することで、卵巣機能が悪くて採卵数が少ない、採卵しても良い胚が得られないといった症例に対し改善を期待する方法です。PFD-FDは卵胞発育を促進する成長因子を複数含んでいるため、卵巣機能が改善し発育卵胞数が増え、そして体外受精での採卵数が増加し妊娠率を高めることが期待されています。また、卵胞周囲に新たな血管を新生することで卵子の質が向上する可能性があります。

PRP卵巣注入は海外ではかなりの施設ですでに施行されていて早発卵巣不全(POI)、卵巣機能低下(DOR)の症例で効果があり妊娠例も報告されています。

対象
  • AMHの値が年齢別基準値の1/3以下の方
  • 卵巣機能が悪くて採卵数が少ない方
  • 採卵しても良い胚が得られない方
PFC-FD療法

お問い合わせ先
当院に受診をお考えの方は子宝相談からお問い合わせいただけます。
再診の方はお電話よりお問い合わせください。

当院に受診をお考えの方は子宝相談よりご連絡ください。

子宝相談

お電話は診療時間内にお電話ください。

小田原レディスクリニック
0465-35-1103

事前申込受付中婦人科疾患
及び
不妊治療
勉強会