PFC-FD療法治療について

ご自身の血液由来成分でつくるオーダーメイド治療

PFC-FDは、PRP(多血小板血漿)に含まれる「成長因子」のみを抽出・濃縮し凍結乾燥させたもので、体内の組織修復・治療などを促す因子濃縮物です。

ご自身の血液から、独自の技術で活性化させたPFC-FDを結成し活用する治療です。これによって子宮内環境を局所的にケアし、改善を促します。すでに、整形外科・歯科・皮膚科等、さまざまな分野でも使われ、効果が期待できるものです。患者様ひとりひとりに合わせた治療法です。

成長因子のはたらき

血小板に含まれる「成長因子」には、自己修復機能を促進するなど、子宮膣内の環境改善を期待できる「成長因子」が多数存在しています。

PFC-FD療法が安心・安全といえる理由

低刺激・低リスクでからだにやさしい
患者様ご自身の血液を用いることにより、アレルギー反応や副作用といったリスクが少なく、添加剤や化学製品なども含まれておりませんので、からだにやさしい治療といえます。
痛みが少なく通院負担も最小限
メスを使わず、痛みも少ない治療です。採血後、子宮膣内に注入するのみですので、ART治療に過度な負担をかけることはございません。
長期保存を可能にした特許製法
独自のフリーズドライ加工技術(特許)により、約半年間の保管ができます。周期などタイミングが重要なART治療のも併用しやすいものです。

着床率UPにつながる子宮内環境をケア

子宮内膜の厚さが7㎜*以下の場合、肺が着床しにくと言われています。PFC-FDを使用することにより、内膜を厚くする、炎症を抑えるなどの子宮内環境の改善が期待できます。

* 凍結融解胚の場合(新鮮胚移植の場合は8㎜以下)Human Reproduciton, Vol.33,No.10 pp. 1883-1888, 2018

子宮内膜の厚さによる比較※イラストはイメージです。

着床しにくい

着床しやすい

PFC-FD療法はわずか2STEP

  1. 採血量は49㎖
  2. 胚移植前に子宮腔内へ1~2回注入

よくあるQ&A

誰でも受けられる治療ですか?
不妊治療中の18歳以上の患者様が受けられる治療です。本治療の適応は担当医にご相談ください。
どのくらいの費用がかかりますか?
自費診療で、保険適応外です。詳しくは担当医までお問い合わせください。
副作用などはありますか?
患者様ご自身の血液由来のものを用いるので、重篤な副作用はないと考えられています。

お問い合わせ先
当院に受診をお考えの方は子宝相談からお問い合わせいただけます。
再診の方はお電話よりお問い合わせください。

当院に受診をお考えの方は子宝相談よりご連絡ください。

子宝相談

お電話は診療時間内にお電話ください。

小田原レディスクリニック
0465-35-1103

事前申込受付中婦人科疾患
及び
不妊治療
勉強会