精子の選別治療について

当院での精子の選別法

精液中には、元気な精子やそうでない精子だけでなく、死んだ精子も含まれています。人工授精・体外受精・顕微授精では、精液をそのまま使用するのではなく、元気な精子を取り出す精製という過程が必要となります。

多くの施設では、精製にパーコールという特殊な液を使用した、「密度勾配遠心法」という方法が採用されていましたが、この方法は、パーコールという化学物質が精子にダメージを与えてしまう、遠心分離を行うことにより、精子と精子がぶつかり、元気な精子までも死んでしまう、精子に酸化ストレスが掛かる、DNA断片化のリスクがあり、また作業時間の多さが長年の課題となっていました。

当院では、精子の抽出を行う際のリスクを最大限減らし、最も運動性のある機能的な精子を多く抽出することを目的とし、「ZyMōtスパームセパレータ―」を導入しています。「ZyMōtスパームセパレーター」は、パーコールの使用や遠心分離を行わず、精子の運動性を用いることで、最も運動性のある機能的な精子をより多く抽出する方法です。

ZyMōtスパームセパレータ―のメリット

精子の損傷を防ぐ

従来法では、見た目・運動性が良い精子でも精製を行う際の外部要因による、DNA断片化や酸化ストレスが掛かっている場合がありました。ZyMōtスパームセパレータ―は、遠心分離や攪拌をする必要が無い為、精子に損傷を与える要因が少なく従来法に比べ、DNA断片化や酸化ストレスが掛かっていない良好精子の獲得率が上昇します。

お問い合わせ先
当院に受診をお考えの方は子宝相談からお問い合わせいただけます。
再診の方はお電話よりお問い合わせください。

当院に受診をお考えの方は子宝相談よりご連絡ください。

子宝相談

お電話は診療時間内にお電話ください。

小田原レディスクリニック
0465-35-1103

事前申込受付中婦人科疾患
及び
不妊治療
勉強会